採用情報

先輩メッセージ

多くの知識と経験の吸収に大きなやりがいを感じます

  • ひがし統括センター
  • 獣医師

田中 大詩Masashi Tanaka

宮崎大学卒業

ひがし統括センター 釧路西部支所 阿寒釧路家畜診療所
平成30年4月就職

臨床獣医師として、やりがい、生きがいを感じることは?

産業動物臨床では農家の元へ行き、現場で診療するため、小動物などで使用する機器などは手元になく、視診、触診や聴診など現場で行える手段と知識、経験を駆使して、診断・治療を行わなければなりません。そんな中で自分が治療した牛の状態が良くなっていくのを見ると大きな喜びを感じます。一方で治療出来なかった牛では、どうして良くならなかったのか考え、もっと多くの知識と経験を吸収しなければいけないなと感じ、そこに大きなやりがいがあると思います。また難産は大動物診療の醍醐味だと思っています。体力的に大変なときもありますが、無事に子牛が生まれたのを見ると難産の疲れも吹っ飛び、充実感を味わえます。

これからの希望は?

就職して一年が経とうとしていますが、少しずつ自信を持って診療を行えるようになってきました。しかしまだ目の前の症例の治療だけにしか目がいっていません。これからはただ治療をするだけではなく、どうしたら病気は減るのか、家畜の飼養管理や予防などについて勉強し、「病気を減らす獣医」を目指していきたいと思っています。また日々の診療では農家さんとのコミュニケーションがとても大事になってきます。多くの症例を経験し、技術を身に付けるだけではなく、農家さんとの人間関係も大事にしていき、安心して診療をまかされる、そんな獣医師になりたいです。

後輩へ一言、アドバイスをお願いします。

大動物臨床に興味はあるけど研究室が臨床系ではないからと悩んでいる方がいれば、実習に行くことを強くおすすめします!!確かにネットや先輩方の話から職場でどんなことをやっているか想像はつきますが、実習に行って、自分の目で見て、耳で聴いて、体を動かさないと経験できないこともたくさんあります。特に臨床の現場では毎日様々な症例を診ることができ、一つとして同じ症例はなく、また教科書や授業で習ったような典型的な症例だけではありません。興味のある方は是非お待ちしています!!

平成31年3月作成

前のページへ戻る

先輩獣医師からのメッセージ

    お知らせ 組合名称が変更になりました